» 人権ラブソングコンテスト

We Escape the Ordinary

人権ラブソングコンテスト

2005年2月13日(日)  沖縄県平和祈念資料館 平和祈念ホール

館長あいさつ(沖縄平和祈念資料館長 島袋 記美子)

「人権ラブソングコンテスト」は、人権尊重思想の普及高揚を図り、青少年の皆様に人権問題に対する正しい知識を広め、基本的人権「の擁護に資することを目的としています。「コンテスト」を通して、人権啓発について最もメッセージ性があり、強い感動・共感を呼ぶ作品を発信していきたいと思います。
今回の「コンテスト」には、県内の中・高校生や大学、一般の皆様から34組の応募がありました。どの作品にも、人権問題についての熱いメッセージが込められていました。学校関係者を始め、多くの皆さまのご協力に支えられて、本日の「コンテスト」が開催されますことを、感謝申し上げます。

 


<審査員紹介>

審査委員長 天地 琉聖 国連アナン事務総長「平和メッセージ」BGMプロデュースを始め、ユニセフ支援コンサート、数々の慰問、平和・自然保護コンサート等、「自然・愛・平和」をテーマに様々な世界で活躍中!又、2004年『世代・民族・宗教』を超えた愛あふれるピュアメッセージソングを、国際テロから3年目の9.11にファーストアルバムとして自らも発表!只今、様々なジャンルのアーティストの発掘と、2006年以降から行われる、南アフリカを始め、アフリカ全土に渡る支援活動を中心にプロジェクト推進中。
審査員 FM沖縄放送制作部
室賀 啓希
沖縄県内アーティストはもちろん県外アーティストも出演。沖縄を代表する深い歴史の有る放送局の人気番組「Hello Good Day!」等、制作を担当している。
審査員 SPICE MUSIC代表取締役
崎原 徹
ORENGE RENGE所属のSPICE MUSICの代表取締役。現在はSkaしっぺ、HIGH and MIGHTY COLORなど名実共に揃ったアーティストが活躍している。
審査員 玉代勢 亨 電通沖縄支局に勤務し本土復帰、海洋博覧会、交通方法変更告知(ナナサンマル)等のキャンペーンを担当。東京本社へ転勤、営業局営業部長、エンターテイメント事業局業務管理部長などの歴任。2004年、美ら島沖縄大使に選ばれる。
審査員 沖縄平和祈念資料館 館長
島袋 記美子
平成15年4月より沖縄平和祈念資料館館長。
 

コンテスト結果


----グランプリ----

easy plan
(米須雄作・園田千里)
『 海になりたい 』
|---準グランプリ----

海 音(カイネ)
(玉城彩野・平良広美・矢部克也)
『 海へ 』
 


SAN-IKU村の知徳体
(KazuyaNAKAZATO・YuukiKOHASHI・HidekazuMATAYOSHI
YoshioMAEKAWA・MasakiTAMANAHA)

『 ギフト 』

----特別審査委員賞----

HEARTS GROW
(新崎春菜・仲田慎太郎・仲宗根なつみ・
新川由高・宮城千秋・山川優也)

『 赤のつながり 』

----その他 参加バンド----アフロマニア(古堅聖・山川ミツグ・平良昭人・仲宗根和広・古堅勇太)、
サリー・ケイ(幸喜沙里)、ARURA(アルア/瑞慶山愛佳・柳原伸義・西野康彦・岸本耕一)、
Fluffy(金城しおり・半嶺裕子)、笑ばぁ会(島袋安奈 他 具志川東中学校3年生)、
イースト(嘉数司・伊是名美紀)
WEOグループメッセージ
☆おそらく沖縄県内では始まって以来の平和意識の高い、又、ハイレベルなミュージシャン達が集ったコンテストと言えるのではないでしょうか。審査委員長である私どもの天地を始め、今回招かれた豪華な各審査委員の皆様 も、時間を押しての検討が続いたようです!第一回目にして素晴らしい意識を備えたアーティスト達が参加頂けただけでも、大変意義のあるコンテストが開催できたと言えるでしょう。今後も第2回、第3回と、沖縄の地に於いて、役割を担ったステキなアーティスト達が生まれて来ることを切に祈りたいと思います。
沖縄の小さな島から、全国・世界へと、・‥平和と誠の愛をもったアーティストが次々と翼を広げ羽ばたいて行くことが出来るよう、引き続きWEOグループでも、最大の応援をして参りたいと存じます。 本当に素晴らしい時間をありがとうございました。そして、各関係者の皆様も大変お疲れさまでございました。m(__)m
主催:沖縄県平和祈念資料館 後援:沖縄県人権啓発活動ネットワーク協議会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

★WEOグループの事業収益金は 青少年の健全育成支援はじめ国内外の自立型救済支援・NGO維持活動に役立てられます★