» 天地 琉聖

We Escape the Ordinary

天地 琉聖

最高責任者

性・エイズ・薬物・人権・平和・健康・環境・情操教育など、様々な出会いと経験をベースに、社会貢献活動に奮闘。少年期にいじめ、差別、迫害、不登校、両親の離婚、成人後には、パニック障害、健康被害、事業倒産などを経験したものの、家族や教師の愛、音楽との出逢いにより人生の活路を見出す。性・いじめ、人権、家庭環境、アルコール問題、健康、音楽療法、自立型健全育成支援に関して、実体験に基づいたメッセージを発信。「人・地球にやさしい」を最大のテーマに、講演&メッセージ音楽を通してのホットな活動を真摯に続ける。2006年~2007年に於いては、「自然・愛・平和」を基調とした社会貢献活動を教育機関及び国の機関が主催するプロジェクトのもと開催し称賛される。

主な経歴

国連大学長ハンス・ファン・ヒンケル氏、脚本家・内舘牧子氏はじめ、各界著名人講演オープニングコンサートを務める。また、元国連アナン事務総長「平和のメッセージ」BGMプロデュース、世界エイズデー、24時間テレビ「愛は地球を救う」日本テレビ系列にゲスト出演。2004年においては国内・海外一流ミュージシャン(ニューヨークのマドンナ氏も所属する、マーベリックレコードのT.I氏が自らサウンドプロデューサー&ピアノプレイヤーとして参加)コラボのレーコーディング、キロロやHYを輩出したレーベルよりアルバムリリース。また、「筑紫哲也氏ニユース23」、「ニュースの森」番組提供・企業イメージ「TV-CM」タイアップソング「永遠に」/TOWANIを手掛け話題を呼ぶ。“人と地球にやさしく生きる”を最大のテーマに、紛争・地球温暖化・性・エイズ・いじめ・キレル・家庭環境・こころ・たばこ・アルコール・薬物依存・健康被害・人権問題など取り挙げ、ハートフルな歌の世界とメッセージを織り交ぜた公演を継続して開催している。 「国境・民族・宗教」を超越し、この世すべての平安を願い、「家族・人類愛」を基調とした活動が実を結び、南アフリカ共和国大使館協力のもと、南アフリカ共和国副大統領日本初来日の際招かれている。現在、南アフリカの最も貧しい州に数えられるリンポポ州の継続的支援をおこなう為、誠実、且つ、人の尊厳と痛みを知る正規プロジェクトメンバーの発掘とネットワークづくりに邁進中!

【現職】●非政府組織/WEOGroup最高責任者・ヒーリングプロデューサー
●創作家
●自立型健康学講師・平和学習講師・人権教育講師
●作詞・作曲家
●フリーマングループプロデューサー
●平和音楽家
●社会貢献活動家として様々なシーンで活躍している。

主な実績

不登校の問題を抱える青少年のサポート講演&メッセージ音楽鑑賞会開催/国内・海外のトップアーティストが集うダンスクラブ松下での青少年健全育成支援定期公演開催/JTB沖縄主催琉聖平和体験学習講演&コンサートを開催/子育て支援社会福祉事業:「対馬丸生存者元教師/平良 啓子先生講演&琉聖メッセージ音楽観賞会開催/八重山高校・前原高校・陽明高校で講演/「人・地球にやさしい」講演&メッセージ音楽鑑賞会開催/天地琉聖☆講演&人権ラブコンサート開催。(参加生徒人数1,460名)/静岡県出張講演/社団法人JC沼津青年会議所主催&プロデュース:講演&メッセージ音楽鑑賞会開催/「一期一会が人生を変える」~開け 思いやりのこころ~(参加人数約400名)/福岡県人権・同和教育研究協議会主催:天地琉聖氏講演&ヒユーマンコンサート開催/JICA沖縄国際協力機構・交流フェスティバル2007・国際交流音楽祭に於いて、天地琉聖ヒューマンコンサート開催&総合プロデュース務める。/寄宮中学・豊見城高等高校・開南小学校・具志川商業高等高校・北部農林高等高校に於いて講演&ヒューマンコンサート開催(いじめ・人権・性・HIV教育)/読谷高等学校(平和学習)普天間中学校(平和学習)浦添工業高等学校(性・エイズ教育)南部農林高等学校(性・エイズ教育)、「環境の杜ふれあい」一周年記念事業において、天地塾21世紀型感動体験」講演&ヒューマンコンサート開催、/コザミュージックタウン音市場ホールにおいて、沖縄市エコアクション「ECO THE WORLD」に招かれ、講演&ヒューマンコンサート開催、那覇市市議会議員激励会天地琉聖音楽鑑賞会開催

<その他>
沖縄県公衆衛生協会管理の下、中央保健所内に設置された「HIVネットワーク沖縄」ボランティアサポート/WWF JAPAN「世界自然保護基金日本委員会」サポート始め、数々の公益性ある公演活動を開催/世界エイズデー・ ゲスト出演をきっかけに、第2回・第3回 エイズ撲滅チャリティーコンサート出演/脚本家:内舘牧子氏始め、各界著名人の講演オープニングコンサート務める/国立ハンセン氏病療養所沖縄愛楽園公会堂に於いて、慰問クリスマスプレゼンツコンサート開催/国連アナン事務総長「平和のメッセージ」、BGMプロデュース/130万県民「平和の光」イベントコンサート出演/第3回世界のウチナーンチュ大会出演/日本ユニセフ協力の下、ユニセフ支援チャリティーコンサート総合プロデュース/文部科学省推薦ガイアシンフォニー第4番「地球交響曲」上映オープニングコンサート開催/環境省推薦アニメーション映画「ダイオキシンの夏」上映オープニングコンサート開催/日本テレビ系列/24時間テレビ「愛は地球を救う」ゲスト出演/国内・海外で平和美術展を開催する世界文藝社の第11回8.15国際平和美術展ゲスト出演、オープニングコンサート務める/筑紫哲也氏ニュース23・ニュースの森番組提供:大手企業沖創建設タイアップイメージTV-CMソング、/「永遠に」発表、ロングランに流れ話題を呼ぶ/大物女優との福岡平和コンサートはじめ、鹿児島遠征公演開催/沖縄県普天間基地包囲行動(連合沖縄主催)コンサート総合プロデュース/那覇市制80周年第24回生涯学習フェスティバル ゲスト出演/国際センターJICAフェスティバル・数々の慰問コンサート開催/日本初!「人・地球にやさしい」を最大のテーマに、/沖縄NGO非営利民間機構/WEOグループ総合プロデュース、エンタティメント・音楽・講演・アート・映像・/文化芸能・様々なプロジェクトを通して、青少年自立型健全育成支援、いじめ・人権・環境・平和教育・/エイズ撲滅・健康被害周知啓発・武器・核兵器廃絶ピースネットアクション・地球温暖化防止普及啓発推進。/並行して、南アフリカ共和国大使館の協力の下、南アフリカで最も貧しい州に数えられるリンポポ州の支援の輪を世界に先駆け、ネットワークづくりに邁進する /沖縄伝統芸能子供集団「ティダ童」総合プロデュース/沖縄県主催:第1回人権ラブソングコンテストの審査委員長務める。又、ゲストミュー/牧師を父にもつ三姉妹のコーラスグループ:マナ・レコーデイングプロデュース/在東京、南アフリカ共和国大使館協力の下、南アフリカ支援チャリティーコンサート第1・第2回沖縄大会総合プロデュース/東横イン元麻布ギャラリーにて、地球温暖化防止普及啓発グループ展総合プロデュース/厚生労働省主催/第6回全国障害者芸術・文化祭おきなわ大会に於いて、天地琉聖コンサートを開催し、称賛される/「国連大学平和構築プログラム設置についての記念講演オープニングコンサート/縄県立首里高等学校に於いて、「STOPエイズフォーラム2006」/FMラジオ定期ゲスト出演において、地球温暖化防止、健康増進、平和アクションを推進

 

2011年3月11午後2時46分ごろに発生した東北地方太平洋沖地震によってもたらされた大災害。また、二次災害として福島第一原子力発電所の放射性物質が漏出する重大事故が発生した。6基の原子炉のうち、1~4号機の電源が津波による浸水で故障を招き、さらに原子炉建屋内で水素爆発がおきるなど、炉心溶融の危険性が生じ、アメリカのスリーマイル島原子力発電所事故(1979)を上回り、旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所事故(1986)に比べられる大事故となった。

この災害を通して、人類がこれからどのような道を歩むべきかを、立ち止まって、前向きに考え、決断し、1人ひとりが役割を担い、国レベルにおいて、人と地球にやさしい国創りを進めていかなければならない特別な時代「変革の21世紀」と認識する。今回の地震災害を体験した多くの国民が気づいた、お金があっても、食料がなかなか確保できない事態が発生したことなども視野に入れ考えてみると、今後の日本の自給率UPが重要課題となる。

また、経済再生を図る上で、最も重要な自然破壊につながらない配慮、また、太陽光線、天然ガス、水素、海、風、雨水、山の傾斜などを利用して生み出せるさまざまな種類の自然エネルギーを開発し、確保、循環供給する必要性を感じる。現在の人類の知恵を結集すれば、これらすべてのことは具現化できると認識する。

ここで、わたし自身も立ち止まって、人として生きる上で、必要不可欠な順位を思考したとき、先に、空気、水、食物、太陽光線が思い浮かぶ。これらの1つが欠けても、人としての健全な命は育めないと理解する。

また、最も大切なことは、すべてが良質でなければ、健康な体と健全な思考が維持できないということである。これらのことを基調に世界が一致し、変革をアクションし、人と地球にやさしい国創りを構築したことをイメージしてみると、健康な体が維持されることにより、医療費が大幅に削減される。

また、高齢であっても自立した生活が叶う。そして国々において「人と地球にやさしい」生活が日々模範的に行われることで、自然災害の猛威を緩和できると認識できる。また、相乗的効果として、国々の争いが緩和される他、さまざまなメリットが生まれる。そして、何よりもこれから誕生するかけがえのない命の安全が確保できるのである。

最後に、わたしたち人類が支え分かち合い、兄弟姉妹愛にあふれることを切に願い、世界が平安であることを心よりお祈りいたします。

WEOグループ2004年代表者メッセージ
http://www.weogroup.com/2005message.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

★WEOグループの事業収益金は 青少年の健全育成支援はじめ国内外の自立型救済支援・NGO維持活動に役立てられます★